市販のクレンジングオイルが危険なのはなぜ?

前ページではシルキーカバーオイルブロックが落ちにくい理由について説明しました。
シルキーカバーオイルブロックはメイクが落としにくい??

 

結果としては、クレンジングオイルで落ちることが分かったのですが・・。
実を言いますと、安易にクレンジングオイルを使うのは非常に危険です。あなたの肌は後に引けないほどボロボロになるかもしれません。

 

市販のクレンジングオイルが危険な理由とは?

クレンジングオイル,危険,合成界面活性剤

 

写真のオイルは300mlで600円。お手頃価格の安いクレンジングオイルです。
あなたはクレンジングオイルの洗浄効果が強力な理由をご存知でしょうか?

 

それは、石油系合成界面活性剤が含まれているからです。

 

合成界面活性剤があなたの肌を引き剥がす

私の持っているクレンジングオイルには、イソスチアリス酸PE68グリセリルという合成界面活性剤が入っていました。
これは石油のカスから出来たものです。

 

 

洗浄力が強いので、マスカラなど色素の濃い化粧品でも、綺麗さっぱり落とす力を持っています。
しかし、そのメリットの裏には恐ろしいデメリットも隠されています・・。

 

 

確かに、着色の濃い化粧品を落とせるクレンジングオイル。
しかし、その洗浄力の強さゆえ、クレンジングオイルは何と皮膚のセラミドまで剥ぎ取ってしまうのです。

 

 

角層部分のセラミドが落ちるとどうなるでしょうか・・。
当たり前ですが、乾燥しますよね。肌がバシバシになります。

 

 

乾燥すると、当然シミ、しわの原因となります。
そこで、美容液を使えばいいのでは?と考えてしまいますが、安易に美容液を使うのは危険です。

 

なぜなら、肌を甘やかすことになるので、自ら潤いを生み出す自助作用がなくなってしまうのです・・。

 

 

 

こうなってしまうと、負のループとなり簡単には抜け出せなくなります。
あなたは、セラミドまで落としてしまうクレンジングオイルを毎日使い続けますか・・?

 

 

→次ページ「肌に負担をかけないクレンジングがある!」へ進む